fumiLab

fumimakerが作ったもの、やったことについて書いていきます。

P5.jsを使ってゲームをつくる

お久しぶりです.fumiです. ここのところ,学業のほうが忙しく最終課題×3+最終発表×2+ペーパー×2などやっていました.またこれから期末試験×3ですよ...つらい

P5.js

さて,そんな最終課題としてP5.jsを用いたなにかを作ろうという課題がでました.P5.jsとはProcessing的なJavascriptコードをWeb上で動かせるよっていうライブラリです.Processingのものをそのまま移植することもできます.

p5js.org

https://p5js.org/assets/img/p5js.svg

Webページにインタラクティブなグラフィックが埋め込めるのはとても良いですよね.これを使ってゲームとかも作れてしまうわけです.また,MachineLearningを使った様々なサンプルをブラウザだけで環境構築無しですぐに使えてしまうやばさ.
editor.p5js.org

目で見てわかりやすいですし,JSはなかなか使いやすい言語ですのでプログラミングを始めてみたい方にもおすすめできるんじゃないかと思います.

つくったもの

それで何を作ったのかといいますと,ゲームですね.どこかで見たことあるようなやつです.たぶんYoutubeの広告でみたことがある.
学校のサーバーで公開されているのでここから遊べます.

http://web.sfc.keio.ac.jp/~s17804fm/GraphicsProgramming2019S/index.html

基本的なシューティングですね.恥ずかしながら人生で初めてクラスを作ってインスタンスをいっぱい作る,オブジェクト指向なるものをやってみました.今まで一個一個管理してたのが勝手に管理してくれてすごく便利.機能追加も楽ですね.
あんまコード綺麗で見れたものじゃないですがGitHubでも公開しています.Js初心者ってことで許してください.実に2年ぶりでした.
そういえばvarは非推奨らしいですね.授業ではそんな事言われなかったので全部varにしちゃったけど...そもそも静的型付けじゃないのが(ry github.com

来週も期末試験×3+ペーパー書かないとなのでまた間隔が開くかもしれません.

今回はそんな感じです.